Opening For The Brighter Future – WAVING LED RIBBON

  • CONTENTS
  • 2020.07.27

mplusplus社独自開発の WAVING LED RIBBON を用いたパフォーマンス作品。従来LEDは無機質かつ直線的なものが主流であるなか、独自の無限回転機構により、波打つ光の軌跡が有機的な直線を描くことを可能にした。昨年度から、日本に訪れる様々な国際的な祭典に向け WAVING LED RIBBONの試作を続けていた中、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、携わる興行が延期や中止をせざるを得ない状況に。お披露目となるイベントが無い中、こんな時こそエンターテインメントが必要とされていると信じ、無観客の駒沢オリンピック公園屋内球技場にて、完全自主制作でのパフォーマンスを敢行。本作品は、同じくコロナ禍で活動休止を強いられていたカラーガードパフォーマンスチーム「Via Colorguard」が出演。日本の技術や繊細な表現が凝縮された、LEDの軌跡がこれからの明るい未来を照らすパフォーマンスを目指した。スポーツやエンターテインメントで、世界中の人々と熱狂できる日々がいち早く戻ることを願って。

PROJECT TEAM

Partner
mplusplus
Director
Minoru Fujimoto, SHIRASU
Music
Makoto Shozu(FLIGHTGRAF), SunaoSystem
Choreographer
Tomoya Tsunashima(Via Colorguard)
Performer
Via Colorguard(Haruka, Chikara, Hitomi, Rihona, Akari, Percy, Nao, Kae, Hiyori, Honoka, Konami, Miyu, Sumika, Tomoya, Risako, Chisato, Maiko, Karin, Minami, Ayame)
Lighting Effects Designer
SHIRASU
Hardware Design
Yutaka Yanagisawa
Software Design
Keisuke Ono
Casing Design
Takehito Nakatsu(MERGETECTS)
Props Design
Nana Fumiki
Lighting
Masaki Morii
Camera
dox Inc, Tatsuhiko Suzuki, Yuta Togame, Takaya Mitsunaga
Editor
Tatsuhiko suzuki
Calligraphy Title
Kawase Miyuki
Photo
Ryuichi Ono
Technical Staff
Nana Fumiki, Hinano Hasegawa, Ryo Terada, SUZUMI, Shuto Murai, Sayaka Michido
Location
Komazawa Olympic Park
CW & PR & Promotion
HYTEK (Takaya Mitsunaga 満永隆哉, Honmaru Michido 道堂本丸)
TOP
DRAG